スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚弟賢兄

僕には、1つ年下の弟がいる。正確に言うと年子なので、学年は違うが、毎年一ヶ月程の間は同じ年齢になる。

わずか1年足らずの歳の差といっても、子供の頃は圧倒的な違いで、喧嘩をしても僕の方が遥かに強かったので、十代の半ばくらいまでは、何か事あるごとに常に力で服従させてきた。

もちろん、一方的に無理矢理従わせるだけでなく、弟は、子供の頃から要領が悪く、学校の成績も悪かったので、宿題を手伝ってやったり、喧嘩の助太刀に加わってやったり、頼りになる兄貴としての役割も十分果たしてきたつもりだ。

自慢する訳ではないが、僕は、中学を卒業するまでは勉強はよく出来た方だったので、高校進学も危うかった弟とは周囲の評価も全く違っていて、要するに絵に描いたような愚弟賢兄の構図だったのである。

弟は高校に進学すると(受け入れてくれた学校があったのが驚きだったが)、立派な不良というやつになって、大学の受験勉強をしている僕の隣の部屋で、悪友たちとシンナーを吸ったり、親の目を盗んでは女の子を連れ込んだりしていた。高校を卒業して(卒業できたのはもっと驚きだったが)働くようになってからは、いまだに良く分からないのだが、何かの職人として、本人だけが会社と称している個人経営の商売で生計を立てているようだ。

ちなみに、弟は、女性関係もだらしなく、僕が真実の愛を求めて今も独身を貫いているのとは対照的に、すでに結婚と離婚を2回ずつ経験し、かつ、結婚していない期間も、常に別の女性と同棲しているので、弟本人でさえ、相手の女性の顔と名前が一致しない時があるんじゃないのかと疑うほどである。

そんなどうしようもない弟なのだが、大人になってからは、盆や正月にたまに顔を合わせる程度であったが、兄と弟の上下関係は子供の頃と変わりなかった。

それが、僕が、会社を辞めて実家に戻ってきて以来、どうも様子が違ってきた。どうやら、兄がアルコール依存症の無職のニートになったのを楽しんでいる節があって、大した用事もないのに、実家に頻繁に足を運んでくるようになった。しかも、わざわざビールを持参して酔っ払っては、自分の自慢話をしたり、兄に対して挑戦的な言葉を吐くのである。

「兄貴は本当にしようがないな。」
「学校での勉強なんか何の役にも立たない。」
「社会的地位も今となっては俺の方が上だな。」
「男は自分一人で生きていけるかどうかで決まる。」
「俺と結婚したいって女はいくらでもいる。」

もちろん、僕の方は、酔っ払いを相手に喧嘩をするのも馬鹿らしいので、ぐっと堪えて下を向いて黙っているのだが、若干飲み過ぎに見える弟の挙動は注視していて、少しでもアルコール依存症の気配がみられるようであれば、アル中の先輩として、飲み過ぎをたしなめる機会を見逃さないようにしている。

しかし、残念というか、何というか、今のところ、弟に明らかなアル中の徴候は見られず、まだ兄としての威厳も、取り戻す機会を得るに至っていない。

まず、第一に、弟はビールを持参してくるのだが、いつも350mlの6本パックを購入してくるのである。6本パックなのはいいとして、アル中であれば必ず500ml以上のサイズを購入してくるはずだ。僕が昔好きだったのを知っていて、わざと弟がこれ見よがしに飲んでいる「サントリー ザ・プレミアム・モルツ」の場合、スーパーの実売価格で計算すると、350ml缶と500ml缶では、前者の方が100mlあたり4円も割高なのである。それとも、そんな簡単な計算も出来ないくらい頭が悪いんだろうか。

次に、弟はこともあろうに、自分が飲んだビールの本数を把握していないのである。たまに、数本のビールを冷蔵庫に置き去りにして帰ろうとするので、まだ残っていると教えてやると、「次に来たときに飲む。」とか「兄貴が飲んでもいいよ。あ、ダメか。」などとほざいたり、もう残っているビールがないのに冷蔵庫を探して見つからないと、「じゃあ、お茶でいいや。」などとぬかしたりする。逆に、弟が飲み干したビールの本数をしっかり数えている僕の方こそ、まさにアル中であることを再認識させられる始末なのだ。

そして、極めつけは、いつも原付きのバイクで実家まで来ている弟が、帰り間際に当然のように放つ次の言葉だ。

「(自分は酒が入ってるので)バイクは置いて行くから、兄貴、車で送って。」

寛大で頼りになる兄としては、子供の頃にもう少し強めに殴っておけば良かったと後悔しつつ、家まで送ってやることにしている。

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ  


「む」

このブログの内容が、断酒には何の役にも立たない、くだらないことばかりだと思われているかもしれないのは自覚しているんですが、今回は本当にくだらないんです。完全に個人的な趣味の話で、たぶん、オチもありませんので、この先を読み進める方はあらかじめご了承ください。

僕が、かつて会社員だったころ、勤務先にはJRの総武線で通っていたんですが、2007年(さっき調べた)、僕が35歳の時に、電車の車内が一面、ある商品の広告のポスターで埋め尽くされました。

kinmugi1.jpg

kinmugi2.jpg

えー、皆さん、ご存知の発泡酒の「金麦」の広告です。

僕はこの広告のポスターを見た瞬間に、完全に心を奪われてしまいました。最初は、写っている女性が誰かも知らなかったんですが、初めてこのポスターを通勤電車で見つけた日の朝、会社に出社後すぐに、仕事もせずにネットで調べました。

それで、この女性が、「檀れい」という名前の元宝塚歌劇団月組、星組トップの女優で、生まれた年は違いますが、僕と同学年だということが分かりました。

その日の会社帰りには、当然、発売されたばかりの金麦も買いました。ただ、飲んでみたらまずかったので、それ以来、買ったことがありません。

ほぼ同時に、檀れいさんが若妻を演じるおなじみの「金麦と待ってるー」のテレビコマーシャルも始まって、ますます僕はこの女性の虜になっていったんですが、自分でも不思議なことに、金麦のコマーシャル以外の檀れいさんには全く興味が湧かなかったんです。

一応、それ以外のテレビ番組等に出演している檀れいさんも見たりはしていたんですが、さすが元宝塚の女優だなあ、という自分でも意味不明な感想くらいしか思い浮かびませんでした。それで、当時、自分なりに分析してみて分かったのは、僕は、あの金麦のポスターの「きんむぎ」の「む」の口のかたちをした、檀れいさんに一目惚れしていたんです。

だから、金麦のコマーシャルで若妻を演じていた檀れいさんは、僕が一目惚れした女性と結婚した場合の理想の姿として憧れを抱いていたんですが、それ以外の檀れいさんは、僕にとってただの美人な芸能人だったんです。

それで、何が言いたいかというと、最近の金麦のコマーシャルの檀れいさんは見ていて辛いと思うんです。僕は、この歳(41歳)まで結婚の経験は一度もないんですが、昔、付き合っていた女の子と重ね合わせて、ああ本当に結婚していなくて良かったとさえ思ってしまいます。もし、僕が、相手が誰であれ同い年の女性と結婚していたとして、今、目の前で「きんむぎ」の「む」の口のかたちをされたとしたら、ちょっと冷静さを保てる自信がありません。

最後に、金麦の缶の色は、何で青なのかいつも不思議に思っていたんですが、中学生の時は、コレットというフランスの女性作家の「青い麦」という小説に夢中でした。くだらない話を重ね重ねすいません。

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ  

青い麦 (集英社文庫) コレット (著), 手塚 伸一 (翻訳) 新品 ¥310 


アルコールと歯科疾患

突然のお知らせですが、アルコール依存症の患者は虫歯になり易いそうなんです。へー。(棒)

以下のリンク先の厚生労働省のサイトに、アルコールと虫歯についての詳しい説明があります。

e-ヘルスネット アルコールと歯科疾患 厚生労働省
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-009.html

何故、急に、虫歯の話題を持ち出すかというと、僕が、数週間前から、15年ぶりくらいに歯医者に通っているからです。(本日の午後が通算4回目の診療です。)

これまで、どんなに歯が痛くなっても、ウイスキーとバファリンの併用という力技で乗り切ってきましたが、断酒中の今となっては、それも出来なくなってしまいました。そのため、大変不本意ながら、現在、歯医者に通院しています。

僕は、医者と名のつくものは全て嫌いなんですが、歯医者はその中でも特に嫌いです。何故かというと、怖いからです。(文章がバカっぽいですが気にしません。男のくせに情けないという批判も認めません。)

そもそも、僕に歯医者の恐怖を植え付けたのは、実家の近所の「ミナ○歯科」というところで、現在も潰れずに営業しているのが驚きなんですが(名前と場所を公表してやりたいくらい)、そこに通っていた高校生の時に、入口の玄関に小さい子供の靴が見当たらない歯医者はキケンな歯医者だ、という認識を得ました。

それで、前回、15年くらい前に、別の歯医者に通院していた時は、恐怖心を和らげるために、お酒を飲んでから治療に行ったら、その日の診療を断られてしまいました。それ以来、歯医者に行かなくなりました。

ちなみに、僕と同じように虫歯を放置して、お酒を飲み続けると、先ほど紹介したサイトの説明通りの結果となります。現在、大量の虫歯を抱えている本人が言うんだから間違いありません。

以下は、サイトに掲載されている「アルコール依存症者の口腔内の実態」からの一部引用です。

アルコール依存症者の平均う蝕歯数は6歯、これは一般平均の3倍を示します。歯数は通常28歯で、親知らずを含めても32歯しかありません。

僕の場合、虫歯は平均の6本どころではなくて、ほぼ全てです。それで、現在通院中の医者に、最初の歯の検査後に言われたのが、

「とりあえず、もう、どうにもならない歯を8本、抜歯しなくちゃなりませんね。」

とりあえずって。。。どうにもならないって。。。通常で28本、親知らずを含めて32本しかない歯を8本も抜いたら、4分の3以下しか残らないことになります。野生動物だったら、食べ物が食べられなくなって死んじゃうレベルです。

で、本日の治療で、まず右奥の上2本を抜歯するそうなんですが、このまま朝が来なければいいのにと思いながら、全然眠れなかったので、この記事を書きました、以上おわり。

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ  

明けない夜はない 石井 希尚 新品 ¥1,323  ← 今回のオチはココです

ドライドランク?

僕は、日本人として生まれたからには、男は武士(もののふ)でなければならない、といった保守的な考え方の持ち主なので、人前ではあまり感情を面に表わさないようにしてきました。

たまに、にやけ顔で外を歩いている男なんかを見かけると、武士として恥ずかしくないのか、などと憤ってしまうほどです。

だから、自分では普段から、半ば意識的に険しい表情をするようにしているので、知らない人が僕を見たら怒っていると思うかもしれませんし、知り合いの人間には、よくお腹が痛いのか聞かれました。

こんな表情です。

(。・ˇ_ˇ・。)

それで、素面ではしかめっ面をしていても、お酒が入ると人格が変わって、喜怒哀楽が激しくなる人もいると思いますが、僕は、他人からはそうは見えなかったと思います。

お酒を飲んでも陽気になるタイプではなかったので、大声で笑って騒いだこともありませんし、かといって、急に怒りっぽくなって怒鳴ったり、他人に喧嘩を売るような真似もほとんどしたことがありません。

ただ、喜怒哀楽のうち、「哀」の部分は違っていました。

もちろん、武士としては人前で涙を見せた事はなかったんですが、部屋で一人の時は、お酒が入ると極端に涙もろかったんです。それこそ、箸が転がっても泣いてしまうほどでした。

たとえば、テレビのドキュメンタリー番組で、ウミガメの出産シーンを見た時や、僕は子供があんまり好きじゃないのに、「はじめてのお使い」のような番組を見ても、ぼろぼろと涙を流していました。

それなのに、お酒を止めた今では、同じ番組を見ても、涙は出ないし、「ぐずぐず寄り道してんじゃねーよ、くそがきが。」という殺伐とした感情が湧いてきます。

こんなひどい感情を抱くなんて、ひょっとして、これが、「ドライドランク」ってやつかと思って、ネットで調べてみたんですが、どうも違うみたいで、「ドライドランク」とは、飲んでないのに、酔っ払ってるみたいな感じになることらしいので、僕の場合は、泣き上戸の状態のことを指すようです。

それで、この前、涙を流したのはいつだったか記憶をたどってみたんですが、「けいおん!!」ってアニメの卒業式の回で、女子高生の軽音部の先輩4人組が後輩のあずにゃんのために作った歌を演奏するシーンでした。

大丈夫か、オレ?

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ  

デビカ 催涙スプレー「わたし持ってます」 700711 新品 ¥580

死ぬかと思った

長いアル中人生の中で、お酒が原因で数え切れないくらいの失敗を経験してきましたが、文字通り、「死ぬかと思った」ようなことも何度かありました。

ひとつは、アル中には定番の吐血です。

ある朝、前日のお酒が残っていて気持ち悪かったので、洗面台のところで、「うぇっ」と胃液を吐き出していたら、突然、唸りを上げてこみあげてくるものを感じて、次の瞬間、グロテスクな紫色の液体が、(西原理恵子の漫画で同じような表現を見た気がしますが)シンガポールのマーライオンが口から水を吐いてるみたいな感じで、ドバーっと大量に噴き出ました。

その時は、噴き出た液体の量の多さにもびっくりしましたが、血を吐いて貧血状態になったのが生まれて初めてだったので、ほんの少し動いただけで動悸と息切れはひどいし、頭は酸欠でくらくらして、本当に死ぬんじゃないかと思いました。

その後も、何度か吐血しましたが、一度だけ、医者に行ったら、出血は食道の一部(?)が切れているのが原因だと言われました。

それから、真冬に凍死しそうになったこともありました。

僕は、大学は小田急線で通っていたんですが、ある冬の日に、友達と学校の近くで飲んだ後、終電で藤沢、江ノ島方面へ帰るはずのところを、乗り換えに気づかずに座ったまま寝過ごして、家とは違う方向の終点の小田原駅まで行ってしまったんです。

駅員に起こされて、駅の外に放り出された僕は、近くに知り合いは住んでいないし、死ぬほど寒いし、酔っ払って眠いし、もうどうでもいいやと思ってどこかに寝転がったところまでは覚えているんですが、朝、目が覚めたら、駅のディスプレイとして置いてあった、ちょうど人が入れるくらいの大きさの、段ボールで出来た新幹線の中にいました。

駅員の人が引きずって中に押し込んでくれたのかどうか分かりませんが、そのまま外にいたら凍死していたかもしれないので、段ボールの新幹線があって本当に助かりました。たまに、台風や大雪の影響で電車が動かなくなって、乗客が新幹線の中で一夜を過ごしたなんてニュースを見ると、その時のことを思い出します。

さらに、お酒が原因でぼや騒ぎを起こしたこともあります。

明け方までベッドの上でお酒を飲んでいたんですが、煙草に火をつけたまま眠ったらしく、気付いた時にはベッドの下に落っこちていて、部屋中に白い煙が充満していました。まわりは真っ白で何も見えなくなっていましたが、無我夢中で這いつくばって玄関のドアまでたどり着き、何とか煙を外に逃がすことができました。

運良くベッドから落っこちたので目が覚めて助かりましたが、火事の時は、火よりも煙が一番怖いというのがよく分かりました。天井に近い場所ほど煙が充満していて、ベッドの上にいたら煙を吸い込んでしまっていたかもしれません。換気扇を回して視界が少し戻ってから、水をかけて火を消したら、布団と枕と部屋の壁の一部が真っ黒焦げでした。

しばらくして、隣に住んでいた大家が、換気扇からもくもくと出ている煙に気付いて駆けつけてきましたが、部屋の中に入れるのを頑なに拒否したので、その後、要注意人物として特に警戒されるようになりました。

***********************
 休憩コーナー             
                       
 話が長くて読んでて疲れると思いますので、
 よかったら一息入れて下さいね。      
                     
 ( ´⊿`)y-~~           ~日_(^-^) 
                     
 休憩コーナー おわり         
***********************
  
割と最近の話では、一気飲みをして死にそうな目に遭ったことがあります。

一気飲みといっても、飲んだのはお酒ではなくて、ただのコーラです。断酒を始めたばかりの頃に、飲酒欲求が抑えられなくなった時はコーラを一気飲みすれば治まる、ってどこかのサイトで読んだことがあったんです。

ある日、どうしてもお酒が飲みたくなったので、大急ぎで2リットルのペットボトルのコーラを一気飲みしたんですが、それまで一気飲みというのをやったことがなくて不慣れだったからか、コーラの液体が少し肺に入って、胸が詰まったように苦しくなって、本当にもう少しで救急車を呼ぶところでした。くだらない話でした。すいません。

最後は、番外編というか、僕自身のお酒の飲み過ぎが原因ではないんです。

まだ、僕が学生の頃、当時、付き合っていた彼女が運転する車(僕はまだ免許を持っていなかった)で、どっかの山奥の方(場所は忘れた)に貸別荘を借りて、旅行に行ったことがありました。彼女は一つ年下で、すでに社会人だったんですが、僕は少し前に、彼女には内緒で大学を中退していました。

それで、夜、泊まった貸別荘の部屋で、二人でお酒を飲んでいる時に、彼女に相談もせずに大学を辞めたことを初めて告白しました。当然、彼女は激しく怒ると思ってたんですが、何も言わず黙々とお酒を飲み続けていました。ただ、何となく目が据わってきたような気がしたので、内心まずいなと思いながら、僕も、お酒をちびちび飲んでうつむいていました。

それからずっと気まずい沈黙が続いて、その空気に耐えられなくなってきた頃、彼女が、一人で帰る、と言って部屋を飛び出したんです。もちろん、僕も、後を追いかけましたが、彼女が駐車場に止めてあった車に乗り込んでしまったので、仕方なく助手席に座ったら、同時に車が走り出しました。

その後、泥酔している彼女の運転で走った夜の峠の山道は、助手席で命がけの説得をしながら、「死ぬかもしれない。」と思った恐ろしい体験でした。

以上、女の子を怒らせてしまいそうな時は、場所とタイミングを選びましょう、という話でした。(違ぅ)

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ  

どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書) 中村 仁一, 近藤 誠 新品 ¥770

PR
つぶやき
買うもの
トブラデックス点眼液
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。