スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の選択(後編)

前編からの続きです。

当時、僕は8歳年下の会社の元同僚の女の子と付き合っていて、実際には、お酒を完全に止めろと言われた訳ではなく、ちょっとしたことをきっかけに、お酒を飲む機会と酒量を厳しく制限されるようになりました。

そのきっかけというのは、僕は酔ってたのでよく覚えてないんですが、彼女の言い分では、僕のことを信じていいのか分からなくなるような出来事、だったらしいです。何があったんだろう。怖くて思い出せない。

お酒を制限された僕は、当然のことながら、「お酒を止めろって言われたから別れる。」なんてことは出来ずに、彼女といる時はほとんどお酒を飲めないという不満を抱えながら、それでも彼女の事が好きだったので、ずるずると付き合っていました。

それで、どうなったかというと、彼女と会う前に隠れて飲んでいるのがばれたり、お酒の事をとやかく言われるのが嫌で電話に出なかったりしていたら、ある日、彼女からこう聞かれました。

「私とお酒とどっちが大事?」

「。。。」

果てしなく馬鹿です。何故なら、一瞬、本当に彼女とお酒を天秤にかけてしまって、即答することができなかったんです。もちろん、その後すぐに、彼女の方が大事だとは答えたんですが、しばらくして、僕の方が彼女に振られました。

振られた僕はといえば、毎晩、やけ酒に浸る一方で、自由にお酒が飲めることに解放感を感じてもいました。我ながら最低だと思いますが、この時すでにアルコール依存症になっていたんでしょう。

それから、さらに時が流れて、断酒を決意して、現在に至るんですが、曲がりなりにも、今、お酒が止まっていることを思うと、あの時、彼女の望む通り、お酒を止めることもできたんじゃないか、なんて考えます。

そうすると、二人があのまま付き合い続けていたとしたら、今頃、結婚していたりするなんてことも全くなかったわけではないな、と想像したりもします。

さらに、たとえ結婚してたとしても、今はお酒は止まっているからいいけど、煙草も止めてくれなんて言われたらどうしようとか、再飲酒しちゃったらまずいよな、もし子供がいたりした場合、別れてなんて言われても困るし、などと妄想はどんどん広がって行きます。誰か止めて下さい。

それで、最後に、「お酒と煙草のどちらかを彼女に止めてくれって言われたらどうする?」という質問の答えなんですが、今現在、彼女のいない僕としては、

「本気で好きな人が出来たときに考えます(キリッ)。」

というのはどうでしょうか。

すいません、馬鹿はいつまで経っても馬鹿なんです。

*この話は5%くらいフィクションです。

ブログランキングに参加しています。よろしくおねがいします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ  

仕事と私どっちが大事なのって言ってくれる彼女も仕事もない。 わが妄想のツイッター録 処之助 新品 ¥1,050

コメントの投稿

非公開コメント

<前編&後編>読みました。

>>妄想はどんどん広がって行きます。誰か止めて下さい。

分かります。。。この気持ち。。。
あまり、考え過ぎないようにする事ですね;

私も学生時代(短大)
お酒と煙草どっちならやめれるかねぇ?
って会話してました。
その時は、絶対〝お酒”って答えてましたねぇ。

そんな私が、まさかアルコール依存症になるとはね;

私が、異性に 俺とお酒どっちが大事?
って聞かれたら
お酒と私を比較するなんて酷い!
と怒ってしまうかもしれないです。

まだまだ私は、精神依存が大きい証拠ですね、、、

Re: <前編&後編>読みました。

光さん、こんばんは。

> >>妄想はどんどん広がって行きます。誰か止めて下さい。
>
> 分かります。。。この気持ち。。。
> あまり、考え過ぎないようにする事ですね;

そうですね、気をつけます。

僕の場合、妄想が尽きて、一旦、はっと我に返った後に、
いまだに昔付き合った女の子のことを考えてるなんて、
相手からはストーカーみたいにみえるだろうな、とか、
また新たな妄想で自己嫌悪に陥ったりするんです。

> 私も学生時代(短大)
> お酒と煙草どっちならやめれるかねぇ?
> って会話してました。
> その時は、絶対〝お酒”って答えてましたねぇ。
>
> そんな私が、まさかアルコール依存症になるとはね;

僕は、当時だったら、どっちて答えてたのか、
覚えてないし、いくら考えても想像もできないんですよね。

それと、お酒や煙草をやめなくちゃいけない理由として、
身体の健康のためっていうのはあったと思うんですけど、
「依存症」になるからなんていう理由は、これっぽっちも
考えたことがなかったと思います。

> 私が、異性に 俺とお酒どっちが大事?
> って聞かれたら
> お酒と私を比較するなんて酷い!
> と怒ってしまうかもしれないです。
>
> まだまだ私は、精神依存が大きい証拠ですね、、、

今回のブログを書いた後に、昔、彼女に聞かれた時、
そもそも彼女とお酒を比較すること自体おかしい、って
言えば良かったのかな、なんて考えました。

でも、彼女にそんなことを言わせてしまった自分を
反省しています。

コメント有難うございました。゚.+:。(´∀`)゚.+:。



我慢ならない!

今、最初の記事から読んでて、ここまで読み進めて来たんですが。
感想は、最後に書こうと思ったけれど、もう我慢できない。
面白すぎて、涙が出ました。面白すぎる。
PR
つぶやき
買うもの
トブラデックス点眼液
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。